green goes on

Category : DIARY, TRAVEL | JAPAN by takeshi

2013年07月17日

那珂川っていう川沿いの緑地。 なんだかベルリンのマウワーパークみたいだ。 遠い昔はこういう川ばかりだったんだろうけれど、那珂川は護岸工事もダムも少なくて、 上流も中流も、至る所が本当にいい風景を作ってる。 テントたてる時、夜中の真っ暗ななか、川から誰か上がってくるなと思ったら、 鮎を投網で穫ってるおじさん。 ちゃんと入漁料払って川に入ってるんだけど、なんでも、投網はこの時期夜間にしかできないらしい。 高速使って3時間位かけてこの川まできてるっていうんだけど、 という事はこんな川の希少性を証明してると思う。 オーストラリアからきた人に最近聞いた話では、メルボルンでは護岸工事された川をもとの状態に戻そうという市民運動があって、それで結局その工事がなされて、結果、現在は流域は全て岸と水辺が解け合ってるとてもいい川の環境になったんだって。もっと詳しくその話を聞きたかったけれど、まだ他の話もあって、オーストラリアでは100年くらい前に作られた、広大な土地を利用した浄化システムがあって、それはただ、汚い水を砂利の中を通したり、植物の生えてる場所を通したりして、濾過やバクテリアの働きで浄化するらしいんだけど、いまでもそれが現役で働いていて、見直されているんだって。 結構刺激を受ける話だった、オーストラリアもまた行ってみたい。次は、メルンボルン。 _IGP9922
高知の海

Category : TRAVEL | JAPAN by kojima

2013年06月15日

_IGP9545.jpg 写真:大岐の浜(高知) 高知まで車を飛ばして、高知の海へ。 大岐の浜はサーフィンキャンプで有名なところ。 サーフィンする人たちが、テントを張ってそこで寝泊まりして、サーフィンを楽しむみたい。いつかやってみたい。 _IGP9390.jpg 樫西の浜。樫西公園でキャンプした後、そこから徒歩で、早朝スキンダイビング。 透明度が高くてきれいな海。少し沖にでたら珊瑚もあったかも。クリーニングセンターになっているところを見つけて、そこでしばらく楽しんだ。オトヒメエビ、エイ、クマノミ。 _IGP9460.jpg 柏島の北。樫西公園の木の剪定をしていたおじさんが「柏島の海は人気が高いよ☆」 と言われ行ってみる。とビーチらしいビーチもなくて、駐車場もなく、しかしダイビングボートがでていたので、そこへ向けてゴロタからエントリー。(ウェットは先にきておいたほうが良い。久しぶりに波に転がった。わかってたけど、きつくて。。。) 遠浅ではないのでスキンダイビング向き。 珊瑚すごかった。魚は種類が多い。最後にカメまでみてとても満足。 浜辺でおばあさんが、野草取りをしていたのでご一緒させていただく。ボウフウ菜というもので、フェンネルのような香りの野草。美味。天ぷらにしたり湯がいたり、刺身のつまにしていただくそう。戦争時代のお話などを聞きながら、ボウフウ菜どりにはまり1時間。時間がたつのは早い! _IGP9481.jpg 気がつくと腹ペコさん。早速、ボウフウ菜をたっぷり使って料理。トマトパスタに入れてみて、清涼感があって、美味しかった。 柏島がこんなにも観光地化されておらず、海の中も奇跡。フォーエバー柏島。 _IGP9495.jpg _IGP9490.jpg 竜串海岸のエリアにある、桜浜海水浴場でビーチコーミング。 なんともラブリーなビーチで、石が全部小さくてツヤツヤくてかわいい。が、ここも誰ーも居ない。 早朝おじさまとおばさまがトイレ掃除とビーチの海藻掃除に来ていたぐらい。こういう人たちの おかげでこのラブリーなビーチが保たれているだね。牡蠣が岩に付いてるよとか、岩のりってどんなのか教えてもらいつつ、ここでも地元の方との温かなふれあいがあったのでした。 ここから足摺岬までちょっと温泉にと車を走らせたけど、相当遠くて40分はかかった。地図で見ると近そうなんだけどね。すっかり暗くなって、帰り道野生のイノシシに出会いました。 _IGP9612.jpg サーフィンポイントの入野松原海岸 あいにくの雨だけど、サーフィンの人は関係ないみたい。。 近くの道の駅ビオスおおがたに、夜中からワゴン車がかなり沢山泊まっていて、サーファーの人が寝泊まりしている様子だった。 道の駅ビオスはおすすめ、早朝行ったら、地元の人が苺をもってきてたり、(しかも値付けの仕方がおかしい。)いちごが1Kぐらい入った箱500円。少しできが悪いからジャムにとは言っていたものの、ジャム用にしてもそこまで安くしなくても。良心的すぎませんか。苺は速攻おばちゃんが買ってました。悩んだあげく、田舎寿司と形が不揃いなところが素敵な大福を購入。 私は食べれないけど、こちらの寿司の酢飯には柑橘のジュースが入っている。さすがみかん王国だね。あと卵は放し飼いの土佐ジローが気になりました。鳥の放し飼い、いいぞー!! 道の駅といえば、そこから間もない道の駅あぐり窪川の地元素材を使ったアイスクリームが最高だった。卵を使っていないアイスも半分あって、ここでも目移り。お値段も200円〜300円と安い。 _IGP9616-Edit.jpg 雨で海に入れないものの、ジンジャーアイスと緑茶アイスに満足♥観光もいいね。
dissolve

Category : TRAVEL | JAPAN by takeshi

2013年06月05日

_IGP9610.jpg
京都の川沿いの桜

Category : KYOTO by kojima

2013年04月14日

_IGP9476.jpg 山科疎水公園。初めて行ったけど良いところだった。また行きたい。 _IGP9608.jpg 祇園白川。さらに祇園より川添いに北上していくと、柳並木になる。柳の若葉も 美しかった。 _IGP9769.jpg _IGP9779.jpg 鴨川、出町柳の辺り。京都に来ると必ずここに来る。好きだなこの雰囲気。
little snow-covered valley – Tsugaike->Shirouma-ohike

Category : SHINSHU, TRAVEL | OVER SEAS by takeshi

2012年10月03日

2012-09-05白馬大池3日目016.jpg
Japan Alp Shirouma

Category : SHINSHU, TRAVEL | OVER SEAS by takeshi

2012年09月18日

2012-09-05栂池白馬登山042.jpg We changed our Alps trekking tour to short plan since the weather seemed not perfect. 2 night at Shirouma Oike, very nice camping site after the cable lifts and 4 hours trekking. It is 2300meters high above sea level and freezing cold at night. We walked up in the early morning to the place where we can look out the sunrise. 2012-09-05栂池白馬登山045.jpg We stayed two nights there by the lake.
2012-09-05白馬大池3日目025.jpg
2012-09-05栂池白馬登山054.jpg
2012-09-05栂池白馬登山066.jpg
little snow-covered valley 2012-09-05白馬大池3日目016.jpg
Each step Japan Alp

Category : SHINSHU, TRAVEL | JAPAN by takeshi

2012年07月12日

M1110005.jpg Japan northern Alp. Each step changes the location of the stones, hiking itself is destroying the environment. But it’s not so big problem. Other things we don’t really take care can effects much more. As long as we know it’s fragile and have a self discipline, to touch and feel close to the nature is very important. Nature survive anyway after human age. M1110002.jpg
Thinking Edible Wild Greens : 山菜というものを考えた

Category : GARDENING, SHINSHU, TRAVEL | JAPAN by takeshi

2012年05月25日

先週週末から今週アタマにかけて、長野県車山高原、松本市、群馬県高崎市に行ってきた。 高崎市は僕の実家だけれど、三カ所とも泊まるところを提供して頂いて、ヨガのビデオの撮影をしたり、車山近辺の森の中を歩き回ったり、採った山菜を料理したり、ガーデニングをしたりと充実した旅行だった。 今シーズンは、偶然グレープフルーツの木を川沿いに見つけて採って食べたりしたこともあって、採集して食べるという事に特に興味があった。今回の旅行では、たらの芽とワラビを採集できた。 山菜というと僕の中では中高年が夢中になって朝早くから山林に通っているというイメージだけど、実は農業よりもさらに原始的な、「採集」という時代の食生活を体験する事なんだと思う。自然環境は今となっては有限で弱く、僕らが守るべきものというイメージがあるけど、採集の時代は身の回りは全て自然で、実りの豊かなところにいれば無限の恵みに抱かれるように生活できたのだろうと思う。人は季節の寒暖に合わせて生活のしやすいところに移動していたかもしれない。草木は本来、動物から身を守るために苦みやアクを持っていて、人はなるべくそういったものの少ない植物を採集していた。 しかしアクの少ない食べ物を好んで食べてはいたけれど、アクは体に悪いだけのものという訳ではなくて、いい面もあったのではないか。そのうち野菜を育てるようになって、もちろん、苦みやアク、くせの少ない野菜をどんどん改良して今に至るけれども、アクや苦みを摂らなくなった弊害もあるのではないか。理屈には弱くて、うまく理屈をつけられないけど、そう最近考える事が多い。 最近、野口種苗という、古くからある伝統野菜の種を扱うお店で買った種で野菜を育てて食べたけれども、今一般に売っている野菜よりも味が濃いように思う。トマトも今育てているけれど、よく昔のトマトは青臭かったという話を聞く。その味の濃い食べ物の最たるものが、山菜だと思う。油で揚げてしまうと薄れるけれど、どれも強烈な個性があるのはたしかだ。それを、美味しいというか不味いというかはやっぱり別れると思うけれど、鹿や、猿、クマなどの野生動物はいまでもそんな濃厚な味のする山菜を主に食べて暮らしているのだ。 山を歩いて木の新芽を食べたりしながら、そんな事を考えた。 _IGP6020.jpg
photo: aipon
edoble.com友人 JESSの東京無料食材ウェブサイト 追記:高崎では車山に続き今度は栽培したルバーブを収穫してジャムを作った。これは最高に美味しい。いまは3株だけだがもうちょっと増やそう。 そして去年の落花生を今年の種としてとっておいたのだが多すぎるためピーナッツバターを作った。バターにはならず、パウダーになっただけだったけれど、ピーナッツって美味しいものだと、再認識した。今年は穫れたてで作らねば。
lake side walk in Matsumoto City

Category : SHINSHU, TRAVEL | JAPAN, TRAVEL | OVER SEAS by takeshi

2012年05月20日

_IGP6047.jpg _IGP6050.jpg_IGP6052.jpg
Unusual Day

Category : TOKYO, TRAVEL | JAPAN, TRAVEL | OVER SEAS by takeshi

2012年05月01日

_IGP5692.jpg
at: Gotanda, Tokyo
心豊かにたくましく

Category : TRAVEL | JAPAN, TRAVEL | OVER SEAS by takeshi

2012年01月03日

IMGP7293.jpg 福島の野田小学校。 IMGP7326.jpg
西湖キャンプ

Category : TRAVEL | JAPAN, TRAVEL | OVER SEAS by takeshi

2011年10月26日

実際にはキャンプではなく、パオに泊まった。PICA。 IMG_6733.jpg