ブラウンスムージー

Category : COOKING, DIARY by kojima

2016年02月28日

_IGP0074 デンマークでJagadiveが教えてくれた炊いたお米とナッツのスムージーを少しアレンジして朝飲んでいるよ。 Jagadive smoothy 2杯分 玄米(炊いたもの) 大さじ山盛り2ほど アーモンド 6粒 フラックスシード(亜麻の実) 大1/2 ひまわりの種 大2 すりごま 大1/2 豆乳 カップ1.5カップ 300cc (リンゴ 1/4) ※アーモンド、フラックスシード、ひまわりの種は前日から水に浸しておく。消化に良いし、その方が酵素もとれるらしい! Jagadiveみたいに強くなれるかな☆
協力する

Category : DIARY, YOGA by kojima

2016年02月28日

とある日瞑想後のdiscourseより。 「人の体は一つであり、時間はとまったり戻したりできない。だから同時に一人では色々なことはできない。人それぞれ、その時々の役割があり働いている。誰か一人が働いているわけではなく、みんなが様々に働いている。同じ場所で同じ仕事をしていることだけを協力と呼ぶのではなく、いろんな場所でみんなが生きていることが、寝ている時でさえも、起きているときでさえも、cooperate-協力-しているのだ。」 結構この考え方は賢くて、例えば、 自分一人が、何かを任せられてしまって仕事をして疲れてくると、ふとあの人はさぼっているのに〜とか、楽なことばかりしている〜なんて不満に思ってしまうことが度々あるわけですが、そんな時、あの人も違うところ(時間)で大変な思いをして働いているかもしれない。と思えるとイライラはおさまります。 さらには、自分は忙しくて休憩をとれないけれど、あの人は(自分の代わりに)休憩がとれるからとっている。世の中はバランスですからみんなが一斉にわーっと忙しい仕事をしていたら、怖いことです。だから、あの人は休憩しているのだ。と。役割は上からやってきて、その役割を果たすことは歓びであると思えるまではなかなか難しいですが、この位ならば実践できそうな気がします。
内面の平静と外面のブレ

Category : DIARY, YOGA by kojima

2016年02月04日

外身からは怒ったり泣いたり、興奮したり、パニックに見えても、心は穏やかで平静であるように。顔で笑って心で泣いての逆のような言葉であるが、私の解釈はこうである。心の中に一つの確固たるぶれないものがあれば、いくら涙しても、怒りに震えても、その一つのぶれない何かに戻ってこれるということなのだと思う。人は感情の起伏の波に日々生きている、大人になると多かれ少なかれ感情表現をコントロールできるようになる。そのうち、心の内の感情を押し殺したりやり過ごすことにも器用になっていく。しかしその結果として人は頑張りすぎてしまったり、内面を無視してしまうことも確かである。心の中の雨や嵐をなだめたりしながら前に進むことは悪いことではないが、無理はイケナイ。無理はどこかで行き詰まる。心の中のブレナイ何か、そこへの気づきが健全な心を築くのではないかと思う。
service

Category : DIARY by kojima

2016年01月28日

見返りをあてにすることなく、他のために自ら進んでよろこんでする事。よろこびをもって人に尽くすことを続けていると、他者と自分との境がなくなっていくのだろう。たぶんそうだと思う。
人参スムージーと手作りパン

Category : DIARY by kojima

2016年01月11日

_IGP8928 人参スムージー 人参 1本 みかん 1個 リンゴ 1かけ 今日のパンは、かごに入れて成形発酵。
季節の果物

Category : DIARY by kojima

2016年01月10日

_IGP8916 季節の果物をお裾分けいただく。小さなキウイにみかん。冬だな〜。 冬は冷え性の人はたくさん果物を食べてはいけないという。 果物が好きなのでこまった!
green smoothy

Category : DIARY by kojima

2016年01月09日

_IGP8915 ミキサーを友達からプレゼントしてもらって以来、グリーンスムージは朝の定番になった。 定番スムージーは小松菜、豆乳、バナナ。 小松菜1〜2輪 豆乳 1カップ バナナ 1本 レモン汁 少々 レモン汁を豆乳に入れると、スムージーがフワフワムースの様になる。 生野菜に含まれる酵素が、体を目覚めさせてくれるような気がする。 生野菜はとりすぎると体を冷やすので、ジンジャーがあれば加えたり、飲み終わった後に紅茶などの体を暖める飲み物をとるように心掛けている。
境界

Category : DIARY by takeshi

2015年07月07日

赤ちゃんは自分と周りの境界がはっきりしないから泣いてるときは世界全体が悲しいらしい。そう感じる事って真実だしこの境界こそが人間らしくさせてるものだと思う。人間らしさっておそろしい。そういえば子供の頃こうやって世界中の事を考え認識している人が世界中に何十億人っているって考えたときすごい違和感だったのを思い出す。周りと深くコミュニケートするにはそうならないといけないのかもしれないけれど人によってはそれを檻ってとらえるだろう。
today’s carpentry : narrow bench

Category : DIARY, TAKESHI by takeshi

2015年05月25日

_IGP8322 _IGP8323 _IGP8327
オートミールのこと

Category : COOKING, DIARY by takeshi

2015年02月27日

2000年、ヨーロッパを半年間旅行していた僕は、ミューズリを持ち歩いて朝食にしていた。ミューズリは何種類もの穀物やナッツ、ドライフルーツの組み合わせで、牛乳をかけて食べることで、バランスの良い栄養だし、保存食なので頻繁に買いに行く必要もなく、重宝した。朝の出発前準備にも時間がかからずストレスもない。 それ以来、日本で生活しながらも15年ほどミューズリを愛用してきたけれど、3年くらい前からグラノーラが流行り始めた。「グラノーラってなに?ミューズリと違うの?」って感じだったけれど、価格も手頃なものがスーパーに並ぶようになったので試してみた。しかしこれが甘過ぎる。そして油も多い。お菓子を食べているようで、毎日食べるような健康的な食事に感じられなかった。 こうしてグラノーラブームには乗れずに相変わらずミューズリを食べ続けていたけれど、最近何気なくオートミールを試してみたところ、案外気に入って、ミューズリに取って代わって朝食の定番になってしまった。 オーツは家畜の飼料にも使われるエンバクで、やせた土地でも育つ優れた穀物。ミューズリのなかにもオーツはたいてい入っている。そのオーツだけが商品として売っているのがオートミール。 オートミールは前にも試した事があるが、その時のはスチールカット(つぶさずに細かく切られている)のオートミールで、すごく美味しかったのだが石のように堅いオーツを柔らかくするのに20分くらいかかり、毎日は無理だなと思っていた。 今回、ミューズリにも入っている平たくつぶされたオーツを試してみたら、すぐに食べられて気軽だったし、ミューズリよりもさらに糖分が少なく質素で、火を通すので暖かく優しい感じがして、一番のお気に入りになってしまった。しかも、調べてみたらオーツって玄米よりもさらに栄養が豊富でびっくりした。 作り方は、オーツと、豆乳、好きな量のレーズンをノンスティックの小さい鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら完了。豆乳はほとんど吸収されます。茶碗によそってヨーグルトやヒマワリの種をかけて頂く。 最高なので是非試してください。 _IGP7982 _IGP7985 _IGP7988
モカエキスプレス

Category : DIARY by takeshi

2015年01月08日

イタリア ビアレッティ社のモカエキスプレスを買って頂きました。 今までこのタイプのエスプレッソメーカーを使い続けてきましたが、今回、3台目にして始めて、本物を手に入れました。 すごく、物にこだわってる人になれた気がする! 写真だと大きく見えるけれど、これは一人用。これが使い勝手がいい。 だれかと一緒に飲む事を考えたら2−3人用が必要なんだけれど、じっさい家で飲むときは圧倒的に一人で飲む事が多いんです。 _IGP7865 そして同時に、牛乳を泡立ててクリームをつくるハリオのクリーマーも。実はこの手の製品も3台目。 _IGP7867
一日の終わり

Category : DIARY by takeshi

2014年10月13日

_IGP7563 今日は台風19号が接近中で、この写真は前回台風通過後のもの。