stop working and think about peace today:::

Category : DIARY by kojima

2012年09月10日

I have helped BE-IN one of the peace event in Japan for couple of years this time. This year it became “Inochi no maturi”-festival of the life- and the place has changed to the mountain area from very center of Tokyo. The peace candle with fire from atomic bomb seems same. I have not followed the whole things happen in this event, but I will participate as video grapher to broad cast on web. It’s too tough to join some activities and even think about sad reality – “what’s going on in this world” – everyday, every moment. When I first started helping BE-IN, I exchanged the idea about peace, war, and ideal world to my partner. “Who started the wars?” “Why weak people have to be suffered?” When I thought about such a things, after talking I came to cry. In my mind always thought about these things, it might be the reaction of that I haven’t concerned about it for a long time. Maybe it’s not good idea, but I become join these event or volunteer activity a few days in a year. Then I became much relieved. 11.Sep. I can work whenever I want. I will take a rest and wanna think about world peace. ここ数年来今頃はBE-INというピースイベントの手伝いをしてきた。 今年は「いのちのまつり」に場所も形もかえてのピースイベント。ピースキャンドルは灯るらしい。詳しい内容は追えていないが、ビデオ撮影班として参加する。 毎日何かの活動に関わること、毎日、世界でおこっている悲しい現実を直視することは あまりにもつらすぎる。 BE-INを手伝い始めた初年度、毎日のようにパートナーと意見を交換した。 世の中に戦争がなくならないこと、力のない人が苦しんでいること。 そんなことを思うと、話し合いの後には泣いている始末だった。 頭のなかはしょっちゅうそればっかりで、長らく何もしないし考えなかった分の反動だったのだろう。 今はこういうのはよくないのかもしれないが、割り切って1年に数回、こういったピースイベントや、ボランティアの活動に自然な形で携わることができている。 ずっと気持ちは楽になった。 9月11日。仕事はいつでもできるのだ。手を休めて平和について考えたい。