近所のカフェ

Category : SHOP by takeshi

2010年07月03日

夕方、leuteに行く。 leuteは混んでいたり、空いていたりが激しいけれど、今日は 雷雨の気配だったからかお客さんは少なかった。
そのせいで、閉店までずっとお二人と話ができた。 ワールドカップ、映画、旅行、写真、政治、海外の友人の事など。 それでも日頃気になっていることはほとんど話せないのだけれど、それは、 なかなかパブリックな場では難しい。
世界は濃密につながっているのに、未だに日頃意識できていないけれど、 つながりを発見していくのはこれからを生きる糧だ。 理解が深まっても、特にアタマが良くなっていないのは不思議で、 世界のあちこちに自分のシナプスは伸びていくけれど、逆に思考のスピードは落ちるような。 _IGP2706.jpg 幼児がアイコンタクトを取ってくるときの意識の高さ! アイコンタクトだけで、良い人かどうかを見分けようとしているのです。 彼は、良いミッドフィルダーになるかも。あるいは占い師。
近所のカフェは有用である。二人もいると尚更である。