稲荷山のリース作り
cafe leuteの2人を含め女子5人で 稲荷山へ。今日はリースをみんなで作ります。 稲荷山の見晴し台へ歩いていって、リースの材料を集めます。 枯れたつるや、カズラ類、あじさいの枯れたのも可憐でいとおしい。 枯れて色の抜けた植物に、普段だとあまり目を向けないのですね〜。 こうしてリースの材料集めになると、枯れたものを探す過程で、その美しさや可憐さに気がつきます。 ふれたとたんパラリと落ちてしまう、立ち枯れした花。葉脈だけになってしまった葉っぱから光が 漏れている様子。 はっとしては、良い物を見つけ、仲間に知らせる。一緒になって きれい〜とか、これもいいね〜と女子な会。両手に枯れ草たちを持って、 また公園に戻ります。探検心が湧いて、林の中をぐんぐん進み公園に帰ると、ズボンやコートに 沢山の種がついてチクチクとしていました。 リースはみんながもちよった、コーヒーやハーブティー、ミルクティーなどで プチピクニックも兼ね、ランチも忘れて黙々と続きました。 つるをまとめて、赤い実や黄色い実などをつけるとそれなりに、リースに。 とてもデパートなどで売っている立派なものとは違うけれども、 林の匂いのする素朴なリースになりました。私は3つ作りました。 また来年も作りたいです。