ベルリンのbio製品

Category : BERLIN by kojima

2009年10月06日

berlin_window.jpg ベルリンではなんでもないようなその辺のスーパーでも Bioの商品を買う事ができる。 ちょっと価格を比べてみると、 例えばミルクで一番安いのが、0.5ユーロぐらいで、bioのが1ユーロ。 人参も普通のが2Kぐらいのパックが、普通0.7ユーロで、bioが1ユーロ、 ナス1K 普通の0.6ユーロ、bio 3ユーロ 薄力粉1Kパック 普通0.45ユーロ、bio1.2ユーロ と大体倍ぐらい。ナスの場合は3倍の価格ですが、 計り売りなので、大きな米ナスみたいのが1つ(300グラムぐらい)1ユーロになります。 元々野菜や牛乳が安いので、日本の金銭感覚で行くと、Bioのものが 普通に買えます。 ただ、bio製品が回転が悪くて、普通の棚のものより鮮度が悪い事も多々あります。 現にこの日は、トマトがしわしわしてました。 というのもベルリンはギリギリで生活している人(生活できてない人もおどろくほど多い)が 比較的多いので、安値でないと買わない、売れないらしいです。 それでもこれだけBIO商品が売り場に並んでいて、買えるチャンスがあるというのは救いと思います。 それから、気になるドイツのbioの基準ですが、 これはEUの有機農法基準で定められたもので、 民間企業がクリアしているかを審査しているそうです。 野菜に関して農薬化学肥料を一切使わない、3年以上基準を満たした土地で 育てられている事の他に特に関心だったのは、卵や肉に関して狭いゲージなどで 育てず自然に近い環境で育てることが規則化されていることです。 スイスの友達によるとスイスでは、国自体がBIOであろうとなかろうと 狭いゲージやホルモン剤を使うような飼育を禁止しているそうです。いい!ですね。