タテゴトアザラシの赤ちゃん

Category : DIARY by kojima

2008年03月09日

「タテゴトアザラシの赤ちゃんが姿を現す」 2月下旬から3月にかけてカナダのニューファンドランドで 見られるタテゴトアザラシの赤ちゃんのニュースの写真を見ていた。 ちょうどゴマフアザラシの赤ちゃんと同じように、 白いフワフワの毛で、コロッと太っていて、クリクリの黒目。 動画も見た。 カメラを近づけてもまだ、警戒心がないのか、動きが単にのろいのか、 全然逃げようとしない。 近くにあった氷をカプリと食べている。「かわいい〜。」 そのかわいさに、思わず夢中になった。 しかしその後、タイトルの下の小さい記事を読むと、 「あと数週間するとタテゴトアザラシ猟が解禁される」とある。 エエ!エ〜。 海獣類の動物保護についてはクジラをはじめ、 いろいろな物議があるけれど、 単純にこうやってみて、かわいいものを目の前になんで、 誰がどうやって手をかけられるだろうかと思う。 一気に悲しいニュースになった。 文化、その地域の人々の生活を支えるため? このアザラシ猟は80年代に一度政府が禁止をしたが、 その地域でタラの漁獲高が減少したために、その原因が アザラシにあるとして90年にまた猟を解禁した。 なんだかんだ理由をつけて、かわいい動物の命を奪っている だけなんじゃない。 本当に悲しくなります。このアザラシ猟のほとんどが、 ファッションファーを目的に残酷な方法で命を奪われているということです。 http://www.sora.ne.jp/seal/070406.htm