日本の医師の体質嫌になる

Category : DIARY by takeshi

2007年09月07日

といっても僕が医学に従事しているわけではない。念のため。 先日あるすご腕の外科医の特集をしていた。その先生は自分の技術を広めようと、 外部の医師を招いて実践的な講習会を開いている。 ここで、講習に来たある医師のインタビューがあったのだが、 「自分の技術を惜しげもなく公開して、教えてくれるのにはびっくりした。 とてもいい講習会だと思います。」 というものだった。 ここで、ああ良いお医者さんなんだなあ、という感想を持つよりも、 こういう発言が出てきてしまうことでわかる、医師の体質にびっくりしてしまった。 普通、多くの人間の命を救うことになる進んだ技術を、「惜しげもなく」広めるのは 医師として当然でしょう? 普通の医師はそういう姿勢ではないなんて、つくづく腐ってるなあ。 志をもっているはずの医者なのに、器が小さいなあと思った。