BankART at 馬車道

Category : DIARY by takeshi

2006年11月28日

bankart.jpg 今日は打ち合わせで元町へ。 中華街に寄りたかったので散歩もかねて桜木町から歩くことにした。 弁天橋を渡り馬車道へくると、大きな建物の一階に何やらインスタレーションアートが。 こんなところでコンテンポラリーアートに出会うとは。白河清澄に行ったのが懐かしい。展示室には案内もなく、誰もいない。まだ準備中なのかと思ったが、しかし入ってみると意外に中は広かった。豪華な、美術館のような重厚な建物で、奥はカフェのようになっている。しかし誰もいない。 奥にいたスタッフに訊くとここは横浜市の事業で、建物全体がアートスペースになっているらしい。一階の奥のカフェは大きな円柱がずらっと並び、天井高6-7mはある豪華な空間だ。この日はプロジェクターを5台使い、全ての壁面にOff Nibrollのビデオアートを上映していて、ものすごい迫力だった。ダンスとCGが一体となったもので、このごろルイーズに傾倒していた私たちはじーっと見入ってしまった。 これはBanKART1929という横浜市のアートプログラムで、 歴史的建築をアート創造の場にしようというものらしい。 地下一階ではPopulouScapeのビデオ。少し前にアメリカの大学生が世界の航空機の運行状況をCG化してシミュレーションし、話題になったが、それに似た感じ。こちらは世界の人口増加がテーマとなっていて、美しい。 他にもBankART Studio NYKというのがあって、こちらはもっと広々としたスペースがあるらしい。一階はカフェバー、2階にはギャラリーがあるらしいが、時間がなく、入り口だけ確認して打ち合わせに行った。是非近いうちにまたチェックしに来ようと思う。特にStudio NYKはリノベーション物件で、東京の城東地区だけでなく横浜でもこんな活動が盛んになりつつあるのかと感じました。 意外なところでコンテンポラリーアートに出会ってとても良かったのだけれど、残念なのは横浜の中華街や元町はすごい人出なのに、このBankARTの催し物にはほとんど人がきていないこと。横浜では横浜ビエンナーレなどがあるので市民のアートに対する関心も高いのかと思っていたのだが、まだあまり知られていないのだろうか。 カフェではドリンク200円〜なので是非もっとたくさんの人に利用してほしいと思う。