H2Aとペットショップ

Category : DIARY by kojima

2006年02月20日

 H2Aの打ち上げが成功したそうだ。なんでもこの衛星は衛星ひまわりのバックアップとして打ち上げられ たそうだ。バックアップという事は別に今までと比べて正確な予報ができるとかではなくて、ひまわりに何かあったときに初めて活躍するのだろうか?  ボイジャという探査機(?)もずいぶん前にアメリカから打ち上げられているそうだ、これは異星人にわれわれ人類の事を知ってもらうために、電波を発したり、中に地球の事がいろいろ記録されているレコードや手紙が入っていて、宇宙の果てまでも飛び続けるそうだ。異星人がどんな文明を持っているか見当もつかないため、絵文字や音楽も乗せている。しかしこのボイジャ、自分で異星人を探す能力はないため、広大な宇宙で電波を発するのみで向こうが見つけてくれるのをただ待つしかないのだ。  しかしそんな途方もないことをするより、私は、もっと現実的な、ペットショップでもう誰にも売れなくなってしまった、すこし大きくなり過ぎた仔犬がどうなってしまうのかという問題を考えて欲しいと思う。たかだか1才半でも、みんな、そんなに大きくなった仔犬には見向きもしないのだ。ニュースにもならないのではっきりとはわからないが、やっぱり最後は殺されてしまうのだろうか。そんな事とは知らず、仔犬はただのんきにペットショップで転がって遊んでいるのに。