貨物エレベーターと現代美術の一日

Category : DIARY by Ai K.

2006年01月18日

故障したノートパソコンを修理に出すついでに、ギャラリーに行こうという計画を思いついた。 故障は3回目なので、何が原因なのか実際に修理している人に話を聞きたいと思い、 販売店に聞いた修理品の送付先に直接行ってみた。 江東区の第一倉庫3Fという住所だ。夢の島に近い。 東西線東陽町駅から歩くと、このあたりのスケールの違いに驚いた。 ビルの敷地には庭園があるのは当たり前、集合住宅の回りも、空き地のような中途半端な空間 がそこらじゅうにあった。銀座や東京駅からそんなに離れていないのに、地価がそんなに低いのだろうか? と疑問に思った。倉庫地帯に入り、駅から歩くこと30分、やっと目的の住所の番地まで来たが、 フォークリフトやトラックばかり、会社名もない。「ちがうかなあ」あきらめかけた頃、パソコンメーカー のロゴの入ったワゴン車が目に入り、やっと確信を持つことができた。 トラックやコンテナのあいだをすり抜け、建物の中に入ると、どうやら大きな貨物エレベーターでしか3階に 上がれないようだ。 EV.jpg 「普段はお請けしないんですが・・・」と突然の来訪にも丁寧に対応してくれて、 パソコンの修理は請けてもらったが、なんとここではノートパソコンの修理はしないという。 このPCを買った横浜青葉台の販売店に相談したら、秋葉原のサポートセンターに送って 修理してもらうといわれ、秋葉原のサポートセンターに聞いたらまたそこから送って修理してもらうという 事だったので、ここが最終地点かと思ったら、まだ先があった。運送費だけで結構かかるのではないか。 モントリオールで修理した時は、小さいPCショップで受付してくれて、その奥でインド人技術者が修理、 その日の夕方には受け取れたのに、日本では構造が複雑すぎて、向こう側が見えない。 PCに限らず、いろんな事にいえると思った。  その後”日本のベニス”と呼ばれる東陽町のカナールエリアを歩き、東京都現代美術館のある公園へ。 mdn_art.jpg ここでみちみち買ったバタールに、持参した具をはさんで昼食となった。もう日が傾いて、寒かった。 白河清澄庭園を過ぎて、橋の手前に目指すギャラリーの住所はあった。しかしまたどうみても倉庫にしか 見えない。すると、ギャラリーの案内があり、やはりここでいいのだと分かった。差し押さえ物件、老朽化、 あるいは近い将来取り壊し予定の大きな建物を、ギャラリーとして利用するという、こういう感覚は モントリオールでギャラリーめぐりをしていた時になじみがある。「日本にもこういうところがあるんだ」 という感想だった。 _IGP7625.jpg Hiromi Yoshii のギャラリー。遠くから見ると女の人の顔に見える。ドット模様の彫刻。他にもたくさんの ギャラリーがある。 日経BPのレポート