Brazilian Music in RIO

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月20日

リオを歩いていてボサノバを聴く機会は思ったより少ない。ローカルがいくバーはたくさんあるが、店で音楽をかけている事はまれだし、客が興に乗って演奏する音楽は サンバはブラジリアンポップ(?だと思う)が多いようだ。それはそれでいいのだが、僕たちはボサノバやブラジリアンジャズなど、俗に言うブラジリアンサウンド に触れたかったので、欲求不満がたまっていた。調べて行ったのは「イパネマの娘」がアントニオ・カルロス・ジョビンとジョアン・ジルベルトによって作られた、 今はレストランがある場所の隣にあるヴィシニウス・バーだった。 ボサノバファンには伝説的な場所であるらしいが、はっきり言って僕にはそんなことはどうでも良かった。なぜならイパネマの娘は世界的にボサノバがヒットした最初の曲 というだけでそれ以前にもボサノバは存在していたし、そんな記念碑的なところよりも現在音楽が生まれている場所に行きたかった。 最初ヴィシニウス・バーについてはそんなに知らずに、ボサノバの聴ける場所ということでチェックしに行ったのだが、これが入場料は観光客用に高い(約1700円)し、 その上レストランなので食事をしながらでないといけない。これではブラジルに息づいているいるボサノバ、という気がしないので 入るのは遠慮しておいた。もっとカジュアルに聴ける場所を期待していたのだ。 しかし今日、宿のそばにModern Soundというレコードショップがあり、CDでも探しに入ったところ、ここがとんでもなくいいところだったのでにんまりしてしまった。 比較的大きなレコードショップで(リオで見た中ではかなり大きい)、中にレストラン・バーがあり、その中にライブスペースがある。 壁などなく全てつながった空間なのでCDを選びながらライブミュージックを聞くことができる。CDのセレクトも独自で、メジャーどころは全てカバーしつつも ブラジリアン、ジャズ、エレクトロなど深い。 music in Rio.jpg   この右側のスペースにレストランバーがある。 ここで演奏されていた曲はボーカル付きのブラジリアンジャズやスタンダードなジョアンなどのボッサをアレンジしたもので、バンドはお昼すぎから夜の8時まで演奏していた。 リオのミュージシャンが集まり、ドラムス、ボーカル、ピアノ、ベースが基本で、フルートやサックスが加わったりしていた。その場でアレンジしつつのセッションだったので こちらも、このあとどうなるんだろう、とドキドキ。最高でした。僕はビール・こーじまはカフェを飲みながら楽しみました。 ステージと客が近く、出番を待っているミュージシャンと飲みながら気軽に話しのできる雰囲気もいい。 ベーシスト、ピアノ、ボーカルは地元で超有名な人みたいだったが、勉強不足で僕らは全く知らなかった。 ちなみにリオで手っ取り早く地元音楽の情報を集めたい人はMAKOという日本人女性に連絡を取るといいかもしれない。僕らはお世話にならなかったが相談には 乗ってくれるはずだし、音楽ガイド・ツアーもやっている。
○私達の南米横断旅行の記録は、TransAmericaから。交通手段、安宿情報もあります。
Rio de Janeiro

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月19日

danger no swim.jpg     コパカバーナビーチ ついに大西洋に触れることができた。リマから始まって南米を横断したこの大移動の終着点である。 実はリオに来るまでまだここが最終地点とは思わずにいた。 まずはバイーヤのサルバドールを目指し、住み心地の良さそうなところで数ヶ月の滞在を予定していたのだが、二人で話し合った結果 ここから帰国することにした。 旅行を終わらせるのは名残惜しいが、二人で出した結論に満足している。
SANTA CRUZ-QUIJARRO(ボリビア-ブラジル)

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月14日

Santa Cruz-Quijarro.jpg 続きを読む
ボリビア・ファン

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月11日

熱心なボリビアファンが多いらしく、ボリビアばかり何度も来る旅行者も多いようだ。 南米中最も貧しい(物価の安い)国のひとつで、たくさんのインディヘナ(純粋な先住民)、Salar(ウユニ塩田)、チチカカ湖くらいが観光資源と思われるが、 旅行者がボリビアにやられてしまう魅力はなんなんだろう。 僕達が訪れたのはいずれも、観光地か交通要所だったりしたが、村々の生活はどんなだろうと思う。 確かに僕らの日常とはあまりにも違いすぎて、思わずシャッターを切ってしまうことが多かったが、 圧倒的な物資の乏しさは、容易に想像できる。 田舎なら近くで取れた新鮮な野菜や果物があるかと思ったら、そんなものはないし、高地に育つ卵は黄身が小さくて味が薄かったり、 都会の人が思う田舎の良さなどは期待できない。 bolivian food.jpg  bolivian food2.jpg  ボリビアの食堂のセットメニュー(サンタクルスにて)。 約80円。スープには牛肉の大きいすじ肉。メインも同じようなすじ肉が。  こんなに貧しくても肉食なんです。なんで?おいしかったけど、野菜が恋しい。 続きを読む
ラパスの日々

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月10日

days_lapaz.jpg ラパスの日々はうまくいかないことだらけで(こーじま)、初日に雨に降られる。パソコンのCDドライブが壊れたのでAMEXの保険で、まかなってもらおうと電話しようとするも コレクトコールがうまくいかない。食事が合わない。キッチンのガスをつけようとしたらマッチが切れている。シャワーを浴びようとすると掃除してて入れない。 芋を買ったら虫食いだらけ。お腹を壊す。バスのチケットを買いにいったのにお金が足りない。ネットカフェでノートがつなげない。日本語入力ができるところがない。 iPodのデータも取り込めない(なんで98だらけなんだよ)。やっとノートをつなげるネット屋にいったらそこの子供が怪我をしてお店を閉めているところ だった(ただのかすり傷にしかみえないのに!)。なんでもない普通の階段でこける。つばかけとか首しめとか卑怯な強盗がよく観光客を標的に起こっていることを聞いていて、 落ち着いて町歩きを楽しめず、みんな悪いやつに見えたり。 しかーし、今日の夕方はちがっていた。宿で旅の情報(極めて最低限の)をまとめた後に、食料を買いにでかけたらパレードに出くわした。 そこの1本道だけだがお祭りをしていて、みんなでビールを飲んでいた。インディヘナの衣装のおばちゃん、おねーちゃんが手酌でがんがんビールを飲んでいる。 人がたくさん集まるところはスリが多くて危険区域なので警戒はしたが好奇心の方が勝って、人ごみの中に入っていくと、なんだかみんなフレンドリー。 ビールを飲め飲めと勧めてくる。お腹が少し痛かったが、みんなにこやかに私たちを受け入れてくれるのがうれしくて一気に飲み干した。 そして2杯、3杯と。記念のポラロイド写真を一緒に撮られたり。スペイン語がちっともわからなくても、おねえちゃん達はそんなのおかまいなしに立て続けに話しかけてくる。 とりあえず、知ってる単語をでたらめに並べてみたりした。なんとなく心が通じた瞬間でとてもうれしかった。私の印象だが、 ペルーやボリビアの人はちょっとガードが固い気がする。南米のイメージ=能天気(ごめんなさい)とは違う。しかしこのときはお祭りでお酒がはいって 明るくて陽気な雰囲気でよかった。 (文・こーじま) food in lapaz3.jpg 続きを読む
ラパスの食べ物

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月09日

ラパスに入った途端、下痢になってしまった。 初日に庶民的な食堂でいい気になってビールで乾杯したのがあだになったのかもしれない。ちなみにビール330ml2本にボリュームたっぷりな 肉の煮込み2皿で24Bs(US$3)だった。食堂系の庶民的なレストランでは肉料理に芋や米、パスタをつけているのをよく見る。 市場をのぞいてみると肉の方が野菜、果物よりも断然安かった。 food in lapaz.jpg  food in lapaz2.jpg 私たちはお腹の調子が悪いせいか、町歩きをしていると、不衛生なところについ目がいってしまった。 たとえば、コレクティボやタクシーが がんがんに黒煙を出している横で食料がむき出しで売られていることや、パンが道に転がったのを見ている前で平然とまたパンの山に戻して売っているのとか。 インドでさえ(地域にもよるかもしれないが)、地べたにシート1枚広げただけで食料を売っているのはみたことがなかったが、ここではそれが普通のようだ。 たとえ粗末であっても台の上に乗せて売ってほしいものだ。それに町のあちらこちらで臭い公衆トイレのにおいがするので歩いていて”うぇっ”となることが多い。 それでなくても標高3650mで空気がうすいというのに。・・・とそんなで私たちはイスラエル料理を食べにいったり、自炊でパンケーキを作って食べることにした。 パンケーキの材料は路上ではなく小さい店で買った(値段は路上と変わらない)。ここではすべてのものが路上で買い物できるが、 もっときちんとしたお店にがんばってほしかったからだ。ちなみにパンケーキはリンゴを刻んだのを入れてつくったけれど、はっきりいって激ウマだった。 それからカナダからもってきたミューズリーを他の旅行者にうらやましがられながら食べた。これもおいしかったぁ。 days_lapaz2.jpg  days_lapaz3.jpg その土地にいったらできるだけその土地のものを楽しみたいのだが、私はもともと牛肉が好きではないせいもあって、肉がとびきりワイルドな味のする ボリビア料理はちょっとはずれでした。お肉屋さんで買ったおいしそうなチョリソーも焼いて食べようとしたけれど、食べられなくて全部タケシ君にあげてしまった。 ちなみに彼はうれしそうに全部食べてたけど。 (文・こーじま) 続きを読む
ブラジル大使館とラパスのマーケット通り

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月08日

rapaz market1.jpg 今日は早速ブラジルビザの申請にブラジル大使館へ向った。この街は排気ガスがすごくて外に出たとたん気分が悪くなる。空気が薄くて貴重なのにそれが汚れているからたちが悪い。どこに行くにも階段や坂道なので空気が薄いため息が上がる。そんな時に排気ガスで黒くなった空気を吸わなくちゃならないんだから相当カラダに悪いと思う。 昔の情報と違って今の大使館の住所はAv.Aniceto Arceに変わっていたが、タクシーのお兄ちゃんの機転で問題なく見つけることができた。ブラジル銀行で50ドル支払わなければならないのは面倒だが、往復のエアーチケットなしでもスムーズに申請できた。しかし即時発行という訳にはいかず、3日後の発給となった。土日をはさんでいたので金曜に申請したのにもらえるのは火曜日。ここでこーじまが、できれば月曜にもらいたい、と困った顔でお願いするといとも簡単に月曜発給になった。日本にある大使館ではまったくありえない事だ。 その後Zoillo Flores通りまでコレクティボで行くと、道の両脇が露天でいっぱい。大抵インディオのおばあちゃんが店番をしていて、客がこないとみんな居眠りしている。のどかな雰囲気。 クスコでもそうだったけど、ここの卵は本当に健康に育った鶏のものみたいだ。何のパッケージもなしで売られていて、羽毛や糞がくっついている。1個40Ctvs(センティボス)、12個では約60円。地元の人にとってはそんなに安くないのだろうと思うが、早速買ってスクランブルエッグを作ってみようと思う。今朝宿を移動した先のEl Solarioにはキッチンがついていいるので料理ができる。モントリオールでは卵が日本より全然高いうえ、おいしくなかったので買う気がしなかった。ここでは存分に卵料理をしようと思う。(文・伊藤) rapaz market2.jpg 続きを読む
ボリビア入国!(プーノ→コパカパーナ→ラパス)

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月07日

Bolivia nyukoku1.jpg Bolivia nyukoku2.jpg Bolivia nyukoku3.jpg ついにペルー~ボリビアの国境越えの日を迎えた。 デサグアレド(desaguaredo)で国境を越える方法もあるが、なにかと悪いうわさを聞いていたので迷わずコパカバーナ経由にした。 コパカバーナ手前でイミグレーションを済ますのだが、ここでパスポートのコピーが必要になる。ブラジルビザ申請のためにコピーをもっておいたのがよかった。 それからここでボリビアの通貨に換金ができる。私たちはラパスで換金した方がレートが良いと思ってしなかったのだが、国境越えで、1/Bと 後でボートに乗るのに、1.5/Bかかるので変えておいた方がいいだろう。(しぶしぶドルで払わせてもらった) コパカバーナはチチカカ湖の真ん中に突き出た半島の中にあり、ボリビア側になる。 通常ここから月の島や太陽の島に立ち寄るのが観光ルートのようだが、私たちはあまり興味がなかったので、そのままボリビアのラパスへと向かった。 チチカカ湖はかなり大きいと聞いていたが、実際は半島が突き出ていたりして、向こう岸が見えなくて海のように見えるということはなくて、 どちらかというと感動ぐあいでいうと山中湖とかそんなところだった。 しかしコパカバーナでバスを変えるために1時間ほど時間があったので、湖畔の船着場でプーノで買った食材を使って即席サンドイッチを作って ピクニックをしたのは大変気持ちがよかった。 休憩の後バスに乗って30分ほどしたところで下ろされて、ボートに乗る。バスはバス用、人は人用のボートにのって向こう岸まで行くのだ。 ボートのエンジンの排気がかなり臭くてまいったがボートに乗るというのが、ちょっとしたアトラクションになって楽しかった。 再びバスに乗って2時間ほど平地を行くと、突然すり鉢状の都市ラパスが出現した。今までずっと平地で、一段低くなったところから都市が始まるので 本当に忽然と姿を現したという感じだ。それまでの平地よりも明らかに数百メートル低いはずだが、それでもラパスの標高は3650Mもある。 すり鉢の上のほうは貧民街、その下に中心地や広場、さらに下に高級住宅地がある。道路の脇の芝生をきれいに刈っている人たちを見て、 町をきれいにしようという進んだ意識を感じて感激したが、あとで汚い街を見ることになり、思い過ごしだった事がわかった。 ラパスの宿をちゃん調査していなかったので、3件ほど回るはめになり、結局3つ星(ほんとかよ!!)ホテルに泊まってしまったのだが、 2人で70Bs(US$9しないくらい)、ネットが無料だったのでよしとした。ホテルは3つ星のわりにボロくてペッドも腰を痛めそうなスプリングだったが、 惜しげもなくホットシャワーを使えたのはよかった。(文・こーじま) 続きを読む
高原列車の移動(クスコ→プーノ)

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月06日

cusco to puno1.jpg   cusco to puno2.jpg 昨日マチュピチュの麓の町アグアス・カリエンテスからクスコに帰ってきて、速攻でプーノ行きの列車を予約しておいた。今はその列車に乗っている。 チチカカ湖畔の都市プーノからコパカバーナ方面でボリビアを目指すのだ。 この列車の景色はまさに絶景というにふさわしい。所要10時間、川に沿って線路が続き、いくつもの美しい農村を通り過ぎていく。高度が上がっていくと、 さらに家はまばらになり、高原湿地帯になる。川は小さな流れになり、両側の山に雪が見える。4000M以上の高峰だ。 それから峠を越えると山がひらけて広大な湿原が現れる。遠くにはアンデスの山々。どこまでも続くような平原を、インディオの女性が 派手な民族衣装を身につけ牛を追っている。湿地が川になり、川が湿地になる。どこから来たのか、どこに行くのか、何もない平原を少女が歩いていく。 羊飼いの少年。 そんな風景を何遍も何遍も通り過ぎて行った。寒くもなく、暑くもない乾いた気候。本当に美しい。 ペルーの鉄道は最近民営化されたらしく、頻繁に料金を引き上げている。 また、今までは一番安い等級(ローカル)のチケットも外国人が買えたのに、もうそれができなくなっていた。 等級は3段階あり、安い順からローカル、バックパッカーズ、ファーストである。 僕の持っていた古い情報ではクスコ駅⇔マチュピチュ駅(アグアス・カリエンテス)往復がローカルで$10だったが、その後外人は買えなくなり、 また何度か値上げされ、現在ではバックパッカーズ$65というとんでもない値段である。なお、今でもペルー人の買えるローカルのチケットは$10だ。 このプーノ行きの列車は昔は窓が開けられて、駅で止まると地元の人たちが物売りにやってきて窓越しにお弁当や飲み物、民芸品を買うことができたそうだ。 しかし今ではこの外人専用の列車に限っては駅構内には乗客以外の出入りが制限され、旅客以外人っ子一人いない、きれいなものだ。 また途中の駅には止まらず、窓も開かないので旅客は車内販売の物しか買うことができない。しかもそれが適正価格の6倍以上もする。 このシステムでは旅行者にとって安全性がかなり高いし快適だけれど、この国の実情とかけ離れた列車の内装や値段を思うと頭を傾げたくなる。 この国ではレストランで1ドル払えば庶民にとっては豪華な食事ができるのだ。 普段、贅沢をせずローカルと同じような金銭感覚でお金を使っているのに、マチュピチュとなるとたがが外れてとんでもない額を払ってしまう。 お金を払うなら少しでも地元の人の助けになるような使い方・その地域の文化を守るような使い方をしたいと思っていて、大型資本のお店や 旅行者専門でやっているようなお店は避けるようにしているのに、こんな、地元の人となにも接点のない鉄道会社にぼろ儲けさせてしまうなんて、 本当に残念だ。(文・伊藤) 続きを読む
クスコのパン屋

Category : DIARY, SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月05日

cusuco pan.jpg クスコでは丸くてペタンコのパンをよく見かける。 小さい商店や、道端でおばさんが売っているのもこのタイプのもので、マーケットにもこれよりかなり大きいが、丸くペタンコなパンが積まれていた。 おそらくクスコの伝統的なパンなのだと思うが、甘みのパンでなかなかおいしい。(マーケットで買った巨大な方はより甘みが強く菓子パンとして食べるのに良かった) Ayaqucho通りはパン屋が数件立ち並んでいて、売っているパンはペタンコの伝統的なパンとは赴きが違う。バケット、クロワッサン、 山形パン、パイ。 私たちは久々にお目にかかるバゲットを買ったが、歯ごたえや香りはいまいちだった。一緒に買った四角型のプチパンは癖がなくて(こちらのパンは 油か小麦の性なのかかすかになへんな香りがする)意外とおいしく、サンドイッチにするのに最適だった。(文・こーじま) 続きを読む
クスコの町

Category : SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月05日

cusco.jpg クスコはマチュピチュに一番近い都市ということもあってか、観光色がかなり強い。町の中心の「Plaza de Armas」周辺はいかにも、 観光客用のレストランやアルパカの衣料を売っているお土産物屋が立ち並んでいる。通りすがるだけで、物売りのおばさんがしつこく声をかけてくる。 私はこういったいかにも観光向けの雰囲気に興味はないし、ほしくない人にしつこく声をかけるような人達に構うつもりもさらさらないので、 町のはずれへと足を運ばせてみた。 3ブロックほど離れると地元の人たちの生活が見えるようなお店が増えてきた。布屋、工具屋、パン屋などがそれぞれ固まって並んでいるのが面白い。 庶民的なレストランも沢山あって、S/3(約1ドル)払えば、スープにメインがついてくるお腹いっぱいコースを食べさせてくれる。 しかし、マーケットや小さい商店に行ってみると、品揃えが決して良いとはいえない。特に食品に関しては、きれいな形のりんごはチリ産だったし、 地元で取れた牛乳もなく、Gloriaというメーカーのそっけない大量生産の常温保存の牛乳しか 見かけられない。商店の品揃えも 他の商店とさほど代わり映えがしない。そういう点で、全体的に物資が乏しい感じがする町だ。(文・こーじま) 続きを読む
マチュピチュの遺跡

Category : DIARY, SOUTH AMERICA by lionbus

2005年04月04日

machupicchu1.jpg マチュピチュの遺跡を見に行くには、結構なお金がかかる。日本から見に行こうというのではなくて、ペルー国内に既にいるというのに。。。 私たちはマチュピチュに比較的近い都市のクスコから、マチュピチュ遺跡を見に行こうとしていた。 クスコから列車で遺跡に一番近い駅まで行くにも安いローカル車は使えず、ツーリスト専用の車両に乗らなければならず、そこから山を登るバスも ローカルならばS/2(70セントほど)ほどの距離を6$もとられる。 交通手段もさることながら、入場料25$もやりすぎな価格である。 これは年々高くなっているようで、ロンリープラネット(たしか97か98年度)を見たときは$10だった。最近も価格改定があった様で$20に斜線が引かれて$25となっていた。 マチュピチュには1日平均1,000人のツーリストが訪れるそうだから、単純に計算して1日$25,000の収益がある。 すると100日で$2,500,000、300日で$7,500,000。学生が半額で、子供もいると考えても年間$7,500,000、7億5千万円は収益があるだろう。 マチュピチュを見渡して見ると、リャマが草刈の代わりに遺跡に生えた草を食べているし、数人セキュリティーに、壁のメンテナンスをしている地元のおじさん達。 どうみたって運営費は安そうだ。入場の際にリーフレットひとつくれないというのに。 この料金設定にはどうにも頭にくるが、マチュピチュの遺跡自体は実にすばらしかった。 「天空の城ラピュタ」を見たことのある人なら誰もが、まさに・・・!と思うだろう。特に私たちが行った時は朝雨が降っていて、最初は霧が立ち込めている中、 遺跡がうっすらと見え隠れしていたので、まさに「天空の城」の趣だった。午後は霧が晴れ、天空の城の全貌が明らかになった。 段々畑のようになっているところに腰を下ろしてピクニックさながらに、サンドイッチを食べた。ここは絶好のピクニック場所で太陽の光と風が気持ちよく、 雲が動くつど、遺跡にあたる光が変るのが見ていて飽きない。どうして、こんなところにお城を建てたのかとか、どうやって作ったのかだとか考えをめぐらす。 山・雲・それに遺跡を眺めていると、こんなすばらしい風景をまた見る機会はないのだろうと思って、私たちは名残惜しく、なかなかその場を離れることができなかった。(文・こーじま) machupicchu2.jpg 続きを読む