星野道夫

Category : PEOPLE by kojima

2008年05月12日

星野道夫(写真家) 19歳の時に見たアラスカのシシュマレフ村の写真に魅せられて、ひと夏を 村のエスキモー家族と過ごした彼は、その後アラスカの写真を撮り続けた。 44歳の時ヒグマの事故で死去。
最近見たドキュメンタリーで印象に残る彼のエピソードがある。 ある時彼はカリブーの群れを撮影しようとツンドラの草原にテントを構え毎日のように待っていたが、 来る日も来る日もカリブーはおとずれなかった。何日も経ちあきらめかけたころ 突然遠くから黒い影が群れをなして近づいてきた。 それは彼が待ち望んでいた、カリブーの巨大な群れだった。 しかしその時彼のそばには撮影機材がなかった。 何千キロも食料を求めて移動するカリブーの群れ、その営みは何万年も毎年つづけられている。 そしてその群れを見る事は一生にこの瞬間だけだ。彼の頭には既にカメラを取りに行こうという アイディアはなくなっていた。 カリブーの大移動をその目に焼き付けようと彼はその場に座り込んだ。 彼を取り囲むようにしてカリブーの群れが通り過ぎて行った。
彼にとって写真を撮る事は二の次だったのだ。 (もちろん、星野道夫が残した写真集はすばらしいものだ。動物や自然は大きく、静けさの中にパワーを持っている。) アラスカに根ざして、大自然やそこに生きる動物や人を見て、その中に身を置いた彼は、きっと何にも代え難い光り輝く何かを見つけた一人なんだと思う。
Craigie Aitchison

Category : PEOPLE by kojima

2008年04月22日

スコットランド生まれのペインター。 82歳、イタリア在住。 自分の犬や十字架のイエス様をモチーフにした作品など。 クリアーな色づかい、動物がかわいい。 すきだなこういうの。 Paul Smith SPACE GALLERYにて6/1までエキシビションしてます。
ロジェ・ラペビー Roger Lapébie

Category : PEOPLE by kojima

2008年02月27日

lapebie.png 1937年のツールドフランスで総合優勝をはたした、サイクリスト。 自転車をこよなく愛し、77歳のおじいさんになっても毎週300KMサイクリングを楽しみにしている。 ニコラ・フィリベール監督「行け、ラペビー」のドキュメンタリーの中で、 ピカピカにフレームを拭いて、新品みたいに走るのが気持ち良いと言っていたのが 印象的だった。若い頃からベジタリアンだったそう。96年他界。
ニコラ・フィリベール

Category : PEOPLE by takeshi

2008年02月26日

フランスの映画監督。 「僕の好きな先生」など僕の好きなドキュメンタリー作家。 「すべてのささいな事柄」
銀座テアトルシネマで今月いっぱい特集されています。 http://www.nicolas-movie.jp/
BERNIの仕事 クラブポスター

Category : PEOPLE by takeshi

2007年12月20日

08105_NP_Programm_Februar_2008.jpg 続きを読む
キャノンボール

Category : PEOPLE by takeshi

2007年10月14日

Deborahという三茶のカフェバー そこで宮原さん夫妻、スクエアのダイゴちゃん、ユウキ君と話した。 キャノンボールというのをやっている。 この企画を毎年やっていて、今年で8年という。 楽しそう。
篠田昇撮影監督

Category : MOVIE, PEOPLE by takeshi

2007年10月01日

DVDの整理をしていたら「世界の中心で、愛をさけぶ」を久々に見てしまった。
行定 勲(ゆきさだ いさお)監督による大ヒット小説の映画化だが、空気感が良かった。 大げさでない画調の変化で過去と現在がショックなく繋がっている。
調べてみると、これは篠田カメラマンの遺作となった作品だという。 数々の岩井俊二監督作品のカメラマンを務めた篠田さんは享年52歳。 撮影監督としてはまだまだこれからという年齢なのに、本当に惜しいことだと思う。
一度篠田さんの撮影現場を見てみたかった…。 あの独特の揺れは手持ちなのかクレーンなのか、どの場面でステディカムを使ったのか。 現場の指示の仕方は、など気になる事がたくさんあるが、今となっては撮影現場を知る人に 聞くしかない。
april_03.jpg ただ、あまりに撮影手法が独特過ぎて、彼の助手は早々に離れてしまった人も多いらしい。
ドキュメンタリー出身のカメラマン。 例えば、完璧なショットを求めていくらでもリテイクできただろうが、 まるで一発で打ち合わせなしで撮ったかのようなオーストラリアでの 空撮の手法はまるでドキュメンタリーだ。

(「世界の中心で、愛をさけぶ」の)仕上げの段階で篠田さんは 「俺はいま現存する35ミリというフィルムを使って、これ以上美しい映画はないだろうという映画を撮った。 もう思い残すことはない」と言っていました。-「月刊行定勲」より
「篠田さんは亡くなってしまった以上、篠田さん自身はもう二度と映画は撮れない。みんながそれを自分たちの映画に活かすことで彼は生き続けるんだと思います。」-岩井俊二
カメラマン篠田昇の残したもの
アンドレ・ル・ノートル

Category : PEOPLE by takeshi

2007年08月20日

フランス17世紀伝説の庭師。 代表作 ヴォー・ル・ヴィコント城 Andre-Le-Nostre.jpg
ロミー・フレイザー

Category : PEOPLE by takeshi

2007年08月20日

英ニールズヤードレメディーズ創業者。 青山 ブラウンライスカフェなど。 ホメオパシー、アロマテラピー。 rommy.jpg 1981年にコベントガーデンという地に自然素材をいかしたボディケアのお店を開店しているうちに、 古くから人間が環境と調和する素材、すなわち動植物と鉱物を利用して自分たち人間の肌や 髪の調子を整える方法を、お客さんが自分で作れて体験できるようにとレシピやリーフレットを お店に並べ、多くの人に知識を広めた。 http://www.nealsyard.co.jp/webmagazine/interview/vol01.html
北山安夫

Category : PEOPLE by takeshi

2007年08月19日

庭師。 kitayamayasuo.jpg 荒れていた京都高台寺の庭の修復を行っている。 北山造園。 ※日本の庭師と言えば小堀遠州。
ナダール

Category : PEOPLE by takeshi

2007年08月01日

Nadar_selfportrait.jpg (Nadar、本名ガスパール=フェリックス・トゥールナション Gaspard-Felix Tournachon、1820年4月6日 – 1910年3月21日)はフランスの写真家。数多くの文化人や重要人物を撮影し肖像写真家として名を馳せたほか、風刺画家、ジャーナリスト、小説家、気球乗り・飛行技術研究家としても活躍した。 http://www.weblio.jp/content/ナダール
IAN CURTIS

Category : PEOPLE by kojima

2007年05月21日

The vocalist and lyricist of the band Joy Division.   He committed suicide in 23 years old. He expressed emotional isolation by his song.