Waking from Lake Miyazawa – Mt.HIWADA – Alishan Cafe

Category : DIARY, PEOPLE by takeshi

2016年03月14日

It’s just before gentle time with warm wind. We were still reluctant to part from harshness of winter. _IGP0107
鬼石での陶芸ワークショップ- かんな人材育成ワークショップ

Category : GUNMA, PEOPLE, TRAVEL | JAPAN by takeshi

2014年07月25日

_IGP4271 _IGP4229 _IGP4231 _IGP4237 _IGP4249 _IGP4250 _IGP4266 _IGP4257 _IGP4262
馬との暮らし

Category : PEOPLE, SAITAMA, TRAVEL | JAPAN by takeshi

2014年06月02日

_IGP3740 _IGP3748 高校時代の友人が馬と共生できる村を目指して馬を飼っていました。 ここにいる馬は4頭。木曽馬と、道産子という日本の在来種。 午前中は小学生達の馬体験をお手伝いして、午後はちょっとやんちゃな若い馬に乗せてもらいました。 えさ代のカンパだけで乗せてくれるし、馬も小さめで乗りやすかった。 ☆かんな馬の会 続きを読む
cimaiパン

Category : COOKING, PEOPLE by takeshi

2013年06月22日

cimaiのパンを頂いた。 これが信じられないくらい美味しい。 桜色のクラム。 _IGP9718.jpg 今年初のルバーブジャム。 ルバーブジャムは作りたてを気軽に食べられるのが魅力。 _IGP9772.jpg
Postcard from friends **

Category : DIARY, PEOPLE by takeshi

2012年02月01日

We have got a postcard from cimai. I felt very happy. I wish we lived closer to them. cimaiからはがきが届いた。とてもうれしい。もっと近くに住んでたらいいのに。 cimai
Joyce Cafe at leute winter markt

Category : DIARY, PEOPLE by takeshi

2011年12月04日

_IGP0679.jpg
leute sisters photo shoot

Category : DIARY, PEOPLE by takeshi

2011年11月17日

_IGP9673.jpg
アリシアベイローレル

Category : PEOPLE by kojima

2010年12月01日

高麗にあるアリサンカフェでアリシアのライブがあると言うので 行ってきた。 アリシアは若いころ森の中にあるヒッピーコミューンに入って、田畑を耕し 自給自足の生活をしていた人。歌うたいでもあり、イラストレーターでもあり、 ベストセラーとなった「地球の上に生きる」での作者。 アリシアの本が、素敵だなと思う人の家に立て続けにあったので、 彼女がどんな人かも知らず、きっとすばらしい人に違いないと私の中でスター化が 進んでいたので、ライブの知らせにすぐに飛びついた。 ライブは、カフェにある小さなイベントスペースで、お客さんは30~40人。 その中でもさらにわたしたちは一番前のど真ん中の席に座った。 ステージと客席はフラットでお茶を飲みながら、実にアットホームなライブだった。 歌はフォークだったり、ハワイアンだったり。ゆったりしたメロディーにアリシアの詩がのせられている。わりやすい言葉、単調なメロディー。 愛や感謝を思う時、言葉は至極簡単なものを、しかし丁寧に発すればよいのだ。 曲のテーマは、太陽、土や海といった自然への感謝であったり、アリシアが出逢った素敵な人のことや、朝起きてすぐに感じたことをそのまま素直に歌にしていた。なんかいいよねそういうの。 真似できるといいな。 アリシアが森で生活していた時も沢山の歌があふれていたに違いない。
Jean Rouch

Category : MOVIE, PEOPLE by takeshi

2010年10月19日

フランスのドキュメンタリー作家。 フランス人ドラマーのBrunoさんに彼の映画Cocorico monsieur pouletを教えてもらったけれど、 日本語字幕のDVDがなかったので機会があるまで観られない。 jean rouch.png
ヴァンダナ・シヴァ

Category : PEOPLE by takeshi

2010年05月28日

物理学者であり、エコフェミニストであり、環境活動家であり、作家である。現在、ニューデリーを拠点とし、主要な科学技術紙に300枚を超える論文を発表している。1993年には、第二のノーベル賞といわあれる、ライト・ライブリフッド賞を受賞。
ナナオサカキ

Category : PEOPLE by kojima

2009年03月04日

大正、鹿児島生まれ、2008年12月24日没。 詩人、森とコヨーテを愛する旅人。反戦運動、環境保護運動にも深く関わる。 トカラ列島にて、コミューンを形成。共同生活を行う。 その後渡米。ネイティブアメリカン達と生活を共にする。放浪を続けながら詩を発表。 日本を代表する詩人としてポエトリーリーディングを行う。 http://amanakuni.net/nanao/
今泉吉典先生

Category : PEOPLE by kojima

2008年06月29日

1914年宮城県生まれ、動物学者。日本のほ乳類の研究で知られる。ネズミ、ニホンオオカミ、イリオモテヤマネコなど研究していたようです。 Newtom Pressからでている、今泉吉典先生の書いた「動物たちを考える本」を読みました。 この本のコンセプトは、自然や動物の仕組みを知り、それらについて考えるきっかけとなれば良いというもの。最初に動物がどのように広がっていき生活しているか、次に環境別に動物を紹介、最後には生態系の説明と大きく3つのパートに分かれており、ときおりおもしろい習性を交えながら動物たちを紹介しています。ページをめくるごとに強烈なインパクトとともに飛び込んでくる、手抜きなしのイラストもすばらしいです。