End of Raksha Bandhan ::ラクシャバンダデイが終わって

Category : DIARY, INDIA by kojima

2012年08月02日

_IGP6364.jpg Raksha Bandhan day is the one of the holiday that sisters gave wrist-band as gift and wish their health and so on. And who got wrist-band has to give pocket money to sisters. Woman dress up and making aru-pakori(spicy fried potato). Manisha and Damini(my yoga teacher’s cousin) also visited their brother’s and cousin’s house and celebrated. I also gave wrist band to to Manisha’s brothers. The event has finished in morning and I had to prepare for leaving. Last year, also I left India just after Raksha Bandhan. I remember my yoga teacher looked really cheerful not like yoga teacher. This time Manisha also gave me wrist-band for me. Last night she drew my hand “mehendi”, and it put the paste of mehendi leaf on hand during a night, so she drew only one hand not be in trouble when I went back to guest house alone. I have wrist-band on my hand now, lovely pink beads. Mehedi won’t be last a long, but I can remember their feeling. I promise to come back again. I said good by to Mommy,Manisha,Damu, and their brother Ravikant. My Indian family. If you meet some people proper way, you can meet again. And this kind of meeting expand the world of your life. “Jagudi Ao.”- please come soon.- Damini shed tears and it makes a line on her cheek like a picture. I opened the water bottle Manisha prepared for me at rail way station, the water was really full more than usual and I spilt on my jeans. It made me cry. Thanks for every body. “Fill mi renge.”-see you again. _IGP6372.jpg ラクシャバンダデイは、インドの祝日の一つで、兄弟に妹やお姉さんがリストバンドをプレゼントして、お祝いをする日。朝からアルパコリ(ポテトのフライ)を作ったり、女性はいつもよりオシャレをする。マニーシャやダミニも去年同様近所に住む従兄の家を訪問して、お祝いをした。 私もマニーシャのお兄ちゃんや、従兄にバンドを渡した。ラクシャバンダは午前中には終わって、帰国のパッキング。 去年も丁度ラクシャバンダデイの次の日に帰国したのだったな。去年はヨガの先生のルピー先生が別人のようにハイテンションだったのを思い出す。バンドを渡されたお兄ちゃん達は、お返しにお小遣いを渡さないとならない。 マニーシャが私にもバンドを渡してくれた。昨晩はラクシャバンダのために、メヘンディを手に描いてもらったが、絵の具状のものが一晩手の上にのっかるので、一人でゲストハウスに帰って、不自由しないようにと左手だけに描いてくれた。その手にバンドが今ある。かわいいピンクのビーズのバンド。 メヘンディは数週間で消えてしまうけど、みんなの気持ちはしょっちゅう思い出すだろう。また来るのだからと約束して、お別れ。毎日を一緒に過ごした、ママ、マニーシャ、ダミ二、お兄ちゃんのラヴィカンと最後にお別れ。My Indian family. ちゃんと出会った人とはまた会える。そんな出会いは世界を広げてくれる。 “Jagudi Ao.”早く来てね。とダミニの頬から絵に描いたように一筋の涙がこぼれる。 列車を待つハリドワール駅で、マニーシャに用意してもらった、水筒を開けたらいつも以上に、すりきり水が入っていて、気をつけて開けたのにジーンズにこぼれて、ワッと涙がでちゃったよ。 みんなありがとう。Fill mi renge  また会おう。